バニラチルノ

名前を登録してください。

遺書




解像度が低い恋情というものに狂わされてばかりの人生、せめて、せめて本物である根拠がほしいだけなのに

滑り台の下に地獄があって為す術もなく地獄に落ちる



3日と4日の話は後で元気なときに絶対かきたいのであとでかくとして、ここ一週間くらいのことをざっと。


多分ね、五月病です。もう6月だけど。6月はいってバイト始めて、人間関係というか自分以外のバイトの人との関わりが本当に苦痛で、仕事はそんなに難しくないしむしろ結構楽しい。けど、バイト以外でバイト仲間と関わりたくないどころかバイトでも関わりたくない。本当に、自意識過剰なんだろうけど、わりと顔も見たくない。こっちからコミュニケーションをとろうとはするんだけど、それに対する返事がどれもこれも精神的ストレスになる。多分合わないんだろうなあと思う。だからやめますっていうと甘えっていうでしょ?でも現に薬の量は増えてて、本当に次の日にバイトあるときは明日なんて来なければいいのになあって思う。でもそれ以前からかもしれない。ここ最近、一週間ちょいくらい薬に頼らざるを得ない状況。規定量でなんとかなるわけでなく。原因なんかわからない。でも本当にしんどい。死にたいとか思わないし、楽しいとも思わないんだけど、生きてる意味なんてないといわれれば、じゃあ死んだら駄目なわけでもなくね?と思ってしまう。世界中の人間の中の私のことを認知してる人の中で例えば私が弱っているときに心配してくれる人の割合を考えてみてよ。多分ねえ、いて0.01%とかなのでは?そもそも弱ってることを知ってる人すら多くないと思うけど。まあそんなこんなで、つらいんですけど、床に落とした卵の中に黄身がふたつはいってたくらいつらいです。んでその原因なんですけど、なんなんでしょうね。恋愛的な意味で死にたいとかならないので、自己否定の塊なので、んで五月だから、五月病なのかなみたいな安直な考えです。悲しいひとが、普通の生活をしていないわけじゃないんですよ。普通のひとが、自己否定しないとも思えない。


難しいなあ。もし過去に戻れたらどうする?私は、過去に戻れたとしても、今の時間軸でもどっちでもよくて、どっちにしろ、今でも過去でも、どっちでもそうだ死のうっていいます。でも最近は死ぬことすらめんどくさい。生きたいというわけではないけど、なんかもういいやんってかんじ。リスカの余力すらないので薬飲んで意識朦朧の中でTwitterでもやってねます。それでも次の日がバイトだからって規定2錠いつもは10錠飲んでても起きれなくなるから4錠にしとこうとかなるんですよ。偉すぎる。そしてばかすぎる。まあまあ落ち着いて。ゆっくりそこの輪っかに首をかけて、それでゆっくり重力に従ってみて、ってなるじゃん。なんなんだこのよのなか。でも悪いのは自分なんですよ。死ねってか。



そんでせっかく4錠にしたのに、ぎりぎり寝坊しなかったのに、バイトはさぼった。多分もうやめるんじゃないかな。好きなことのためにお金稼ぐより、まわりの目が苦痛だったのかもしれない。誰もお前のことなんかみてないよ。死んでも誰も気にしないと思うよ。好きな人にお前はすぐとっかえひっかえするしすぐ飽きるし誰でもいいんだろって言われても、そのとっかえひっかえに苦痛が伴ってるとかは思わないのかなあ。まあそうだよねえ。どうでもいい人間のことそこまで考えないよねえ。とっかえひっかえっていっても、別に誰からも一瞬でも愛されてないんだから寂しいよな。



保健所にいったんだけど、カウンセリングに期待してないっていってもそれでも期待してるから痛い目見るんだよいい加減学習してくれ。殺処分される子たちはこんな気分なのか?新興宗教にでもはまったらしあわせになれるのか?でも別にしあわせになりたいとかではないし楽になりたいって感じ。そんで馬鹿みたいに今から心療内科にいくんだよ。期待してないっていいながら予定時間待ったりしてさ。



病名の存在しない甘ったれクソゴミニートちゃんなのでパン食って昼寝する。










充電器を突き刺す




月のはじまりにいつもやばっておもってブログ書いてるけど、そもそも許可もなく月をまたいでいいと思ってんのかよ。この記事は3月のわたしがかいてます。そういうことにしてください。


明日の夜から東京です。明後日が東京。次の日が名古屋です。東京の場所が、まわりがラブホテル、ソープ、風俗店の数々。らしくて。その話をしてきた知人は一体わたしに何を伝えたかったのかあんまりわかりません。名古屋は、サカエスプリングです。栄。名古屋じゃなくて栄。どっちなんだ。今月は3回も東京にいくけど、自分で予定立てたのにめちゃくちゃびっくりしてる。俺都民かもしんない。しらんけど。全然関係ないけど小説ロックバンドと言われている某バンドのどこが小説なのか未だにわからない。個人的にもっと他にそういわれるようなバンドあるやん。とか思ってもその某バンドが小説ロックバンドらしい。何故だ。そもそも小説の定義とは。ストーリー性のある歌詞もストーリー性のあるバンド遍歴も、割とどのバンドも持ち合わせていると思うし、小説なんていう形のないものを名乗る心境ってどういうものなのか気になる。小説に形はない。と、思っているし誰かに否定されてもそうですかとしかいいません。小説が好きだからです。今度本屋さんにいったら買う本は梶井基次郎氏の檸檬と渡辺優氏の自由なサメと人間たちの夢と決めてます。なんの話だ。


コンセントの様な人間になりたい。むしろコンセントになりたい。前から思ってる。自動ドアでもいい。動く歩道あるじゃないですか。あれはやだ。信号機が青になったから渡るなんて頭が悪いこと誰が考えたんだろう。夜になったら電気をつけるなんて頭が悪いこと誰が考えたんだろう。だから人間は馬鹿なんだ。でもコンセントも自動ドアも人間が考えたもので、それでも人間ではいたくない。し、好きな人が人間である事実も認めたくない。偶像崇拝人間性の排除って似てるよね。盲目は似てるかな。ちょっと違うな。あと天国と太陽って似てるよね。なんか書くことないからって今考えてること全部文字にしてるから日本語なのに日本人に通じる気がしない。人間に通じて欲しくない。サヨナラ人間来世はありませんように。







人間がどうしようもないくらい大嫌いで、だからこそ大好きなんだと思う




でも、大好きだと思える人がいい意味で人間らしい部分を見せない人だからというだけかもしれない。若しくはわたしが人間らしい部分を故意的に見てないからか。


遅くなってしまったけど4日の話を書きます。ただ酔っ払っていたのであまり覚えてはいない。




二年半前くらいにOVER THE DOGSを好きになって、はじめて福生という町の名前を知った。その時とバンド名の表記が違うけどまあ今はこれなので、ってことで。で、一昨年の春?かな。東京遠征の予定があったのでそれにかこつけて、好きなバンドマンが住む町に行ってみたい!という欲求を叶えるためだけに都心から時間をかけて福生に行きました。まあ重症ではないけど割とストーカー気質なので、そうなるよね。いや別にストーカー気質じゃなくてもそう思うよね。丁度桜祭りなるものをやってたので、内心もしかしてプライベートで遊びに来てるメンバーに会ったりしないかなみたいな下心がなかったとはいえないし、ぶっちゃけあった。まあ会わなかったんだけど。割と地元でのお祭りにでてる感じらしいのになんで桜祭りには来てくれないんや。っていうのはあったけどまあ出ないもんはしょうがない。むしろ電車代と時間をかけてライブもないのに地元に聖地巡礼みたいなことするわたしがおかしいのはまあ否定はしません。て感じではじめて福生の地を踏んだのが一昨年。二回目の福生は無事ライブがある時だったのでよかったです。ちなみにその日都心に近いところでイベントやってて、お目当の出番も18時とかだったのでイベントの方遊びにいこうかなと思ってたんだけどその距離電車で片道約2時間らしくて体力ないからやめました。今思うとやめといてよかったと思うけど、基本的に都内でライブがある時って都心だし、メンバーも割と時間かけて来てるんだなあと思うと大変だなあと。いつか近いうちに絶対東京に住みたいけど、目的のためを考えると福生に住むのはさすがにないかなあ、と。まあ地元でのエンカウントは超おいしいとは思うけど、年中金欠のフリーターマンなのでちょっと無理そうです移動費的に。ていうかさっさと働いてくれ自分。うん。。


前置きが長くなってしまったけど、念願叶って推しの地元でのライブに参戦です。毎度お世話になってるけど大嫌いな夜行バスちゃんに揺られて新宿あたりについたのが7時前。降りてすぐがまじで地獄。更にその日はなんか露骨なナンパに出会ってしまって鬱極まりない。ナンパされるような人ってちょろそうな見た目してるだろってよく言われてるけどそれでもぶっちゃけ見た目が可愛くないとされないでしょって思ってた身としては自分がされることによってなんかいろいろ砕けました。へこむ。勘弁してほしい。

で、1時間ちょいくらいかけて福生までいきました。会場が福生にある中央公園てところだったけど聞いたところによると最寄りは福生駅ではなくて一個前の牛浜駅らしい。だから別に福生駅には用事はなかったのだけど記念のために乗り過ごしました。福生駅ってかかれてる看板のためだけに行って写真撮ってすぐ引き返した。なんの記念やねん。牛浜駅で友人を待ってる間駅前にあった福生周辺の地図を見てお家どのあたりかなとか気持ち悪いこと考えてましたすみません。んでそこから公園まで行きました。全然近くない最寄りのコンビニで食料調達(に見せかけてアルコール買っただけ)して公園につくと親子連れが多すぎる。GWだから当たり前なのかもしれないけど。なんか、全然回ってないからわからないけど、町見渡して思ったのは立地がいいだけの田舎って感じ。まあでもその立地が一番重要なので普通に福生市民羨ましいです。鼻敏感じゃないし花粉症なので匂いなんか全然わからないのに懐かしい匂いがしたみたいな感覚。悲しいな。で適当にご飯食べて昼から飲酒して(GWだから許して)聞こえてくる音楽にゆらゆらしながら楽しみました。いやめっちゃたのしいね。太陽が死ぬほど嫌いなので夏は嫌いだし野外フェスもあんまり行きたくないしだから夏の野外フェスなんてまじかよって感じだったんだけど普通に楽しかった。普通よりもっと楽しかった。でもラッシュボールとかメトロックとかモンバスとか、行く予定は全くないけど。太陽も嫌いだけど人混みも嫌いなんだった。とけた電球ってバンドがなぜかインストバンドだと思っていたけど全然歌ものだったし全然かっこよかった。バーミーも久しぶりに見たらめっちゃ楽しかったんだけどこの時点でもう既にできあがってたのでなぜか隣にいた知らないシティボーイ(?)と腕組んでたっぽい。まあ記憶ほぼないし顔も名前ももう覚えてないんだけど。すぐ知らない人に絡むのやめな〜。そんで次ですよお目当は。野外とか自分が新規で地方故にめっちゃこぼしてるんですよ。悲しい。金銭的余裕ほしい。なんかライブハウスの音響のよさが云々とか言う人いるけどぶっちゃけわたしそんな耳よくないからあんまわかんなくて。野外だからまあすんげえいい設備ではないんだろうけど、別にそんなん気にならないんだよね。むしろそれ含めてよさだと思ってるから、めちゃくちゃ楽しかった、酔っ払いなのに頭揺らして飛んでた気がする。ばかだな。定番も、最近よくやる新曲も、最高だー。あー。ありがとう、ありがとう。人間の声なんて機械通したところで届く距離なんて限られてるけど、それでもどこまでも飛んでっちゃうような開放感が最高でした。どっちかっていうと物理的距離の話ではないです。

ライブ終わった後もやたら飲んでましたね。ビール頼もうとしたら終わっちゃってて残ってるのでいいよっていったけど飲んだら苦手なやつだった。ので人に強引に渡した。ごめん。そしたらなぜかどこから持ってきたのか知らないけどビールくれた。わあい。わらしべ長者の気分です。(??)酔っ払うと愉快な気分になってたかが外れるのほんとよくないな。反省しろ全くー。でもこの日はなぜかめっちゃいじられました。うける。


まあそんなこんなでバンドマンの地元でライブを果たしたわけですが。基本的に写真撮らない方だけどこの日まじで全然手元になくて。まあ楽しかったからよしなんだけど、後日SNSでちょこちょこ写真にわたしいて、まあまあとても恥ずかしいけどちょっと嬉しかった。そんな感じです、はい。


タイトルは別に特に意味はないけどそのまんま。かわいくなりたい!って思った時に方法が人間性を排除することしか思いつかないので割とぽんこつだとおもう。なおせないけど。テレビで見るようなアイドルたちはまあかわいくなるための努力をしてるんだろうけどその方法が自分やまわりとあまり変わりないのを見てしまったらそれは別にわたしは嬉しくないって話。かわいい人は好きですよ勿論。そういう話じゃなくてね。まあいいや。


まとまりないけど終わり。5月は推しのライブがそれしか予定なくて、っていうかわたしに余裕がなくていけなくて、久しぶりに1ヶ月1本とかでちょっとがんばれない。息ができません。半年がんばったバイトを4月でやめてそこからニートだったんだけど、みっつめの面接でようやく次が決まったので頑張ります。がんばれないけどがんばるしかない。誇大してるわけでなく死ぬほど頑張ります。


もしかしたら今日あといっこ記事かくかもしれないけど忘れたらそのままになるかも〜。ってことを忘れないうちにかいておく。




メーデー、メーデー



5月になってしまいました。ウーウーと唸るサイレンが、夏を連れてきているというのに、まだもふもふの毛布にまきこまれて簀巻き。あついしさむい。それから花粉が辛いです。


謝罪会見ツアーが終わってしまった。

謝罪らしい謝罪なんて聞いてないけどそれでいい。それがいい。アルバムは10月。ツアーがはじまるのは11月かな。もうほぼ一ヶ月もたってしまったのか。記憶あるかな。ないかな。


名古屋。ツアー初日。雨が降ってたのは、追加公演とどっちだったっけ。行ったことがないはこだったけど、外観が派手でそこはすこしすきだったけど、中に入るとキャパ150の割に全然はいれなさそうというか、バーカウンターの前にはスペースが割とあったけど真正面からステージが見れる場所があまりにも少なくてびっくりしてしまった。開場時間が過ぎても、人がなかなか入らなくて、平日だったけどもこんなものなの?と思ってしまった。ていうか名古屋って大阪も東京も近い立地的には最高の場所なのになんでみんなこないんだろう。わたしは名古屋にいくのも、6時間くらいかかるよ。。持ってるものには気づかないのかな。あと、この日は多分いろいろな場所でライブをやっていたっぽい。あとで名古屋の友達が違うライブハウスに見に行ってたというのを聞いた。仲良くなった時から趣味は違っていたけど、ふーんと思った。あわよくば会いたかったけど今更。このツアーがはじまる前に、まだライブを見たことがない人用に、どうやったら楽しめるか、みたいなものを作った。この曲知ってたら盛り上がるよ、とかこの曲はワンマンではよくやるよ、とか。完全に主観だけど。結局今回のツアーは、まあ合ってたとこ半分違ってたとこ半分ってかんじだった。つくりながら、この予想をいい意味で裏切ってくれたら、とわくわくしていたけど、それが本当になって、すこしだけにやにやしてしまった。どうだ、わたしがすきなバンドはこんなこともできるんだぞ、いつもかっこいいけど、いつも同じじゃないんだぞ、とそんな気分。MCで今回ミニアルバムが延期になったことでわざとあまり宣伝しなかった、といっていたけど、勿体無いなあと思った。1月のワンマンで初披露(だったはず)の新曲、いみなしほーいちはアルバムにははいらないらしい。何もわからないわたしからすると、つねくんらしいな、と思った。世の中を皮肉っているのに、そんな世の中も悪くない。そんなかんじ。サビが、すごい楽しい。小学生の頃にやってたたけのこゲームを思い出した。


大阪。ツアー2日目。いつものさんにん。いつもの、とはいうけど、今となってはいつもじゃない。だからさんにんで行けたことが嬉しかった。ほんとうにすきなの。ねこじゃらしにじゃれる子猫よりすきだよ。パンゲアは、とてもすきです!とてもすき。横に広い会場が、個人的にすきです。いい匂いと日本ぽくない匂いが立ち込めるアメ村を通って、パンゲアに入る前のあの暗い廊下を渡る時、すごいどきどきする。あの瞬間がすきなの。あと、開演前のあのカーテンもすきです。セトリはあまり変わらなかったように思えたけど、どうだったっけな?順番はつけたくないけど、大阪は、住んだこともないのに第二の故郷なので、ほんとうにたのしい。ていうか、セトリが似てても、こんなに印象がかわるものなのかね。そこがね、同じツアーたくさん回りたい理由でもある。いろんな色をしてるの。オバ犬。場所によっていろんな色に光るから、どれも見逃せない。終わってから、カーテンの隙間からでてきたあざらしさん、かわいかったぞ。なんで物販でないの。。夜ご飯は安定のラーメンでした。居酒屋のキャッチにひっかかっちゃたけど、肉と魚がでないとこがいいっていったら素直に心配された。きっとあの人はいい人。


名古屋。ツアー3日目。追加公演!すこし時間があったから、名古屋駅から最寄駅まで歩いた。すこし前に行った花見で桜を一切見れなかったから、赤い門?の近くの桜でちょっとだけお花見した。ぼっちで。寂しくはない。近くにあったカフェが、すごく可愛かった。山小やというところで、店主らしいおばあさんも、コトコトと人形が動くBGMも、たてかけられたたくさんの絵本も、ぜんぶ。アイスティーを頼んだら小さなケーキが付いてきた。タイミングのせいなのか、わたししかいなかった。店の外に全席禁煙とかいていた。もしかしたらそのせいかも。またいこう。会場は、breathというところ。もう何回目かな。ごはんとお酒が美味しくて、プレートは、バンドにちなんだものがでてくる。頼んでいるわけでなくて、好意らしい。素敵すぎる。ライブ見ながら食べるのがあまりすきじゃないから、早速手をつけた。禁酒してるけど、まあしょうがない。breathだからしょうがない。ね。アコースティックって、もう!前の2つとは全然違って、もう!星者の行進、ついで、カレーでおはよう、うつらうつら、もうもうもう!ばか。すきです。なんか毎回前が見えなくなって勿体無いから泣かないって言ってる気がする。できた試しがない。まあでもいいか。ソロもあった。ふふふ。この日は、割と飲んでしまったなー。しょうがないなー。breathだもんなー。風邪をひくよといわれたけど、風邪なんて別にひいてもよかった。正解か間違いかなんてわからないけどね。最後の言葉が、すごくやさしかった。ひみつ、ですけど!わたしだけのもの、ですけど!




少し空いて東京。ツアーファイナル。2週間が果てしなく感じた。ライブ中はあんなに時間が過ぎるのがはやいのに。東京のワンマンは、いつもいない人がたくさんいるから、すきです。ほんとはもっと色々こいよ、と思う。まあでも実際どっちでもいい。わたしはアコースティックを除いて3回目だったので、セトリになんとなく予想はついていたけど、それを少し自慢したかったけど、今回のツアーを初めて見る人たちは、今どれくらいどきどきしてるんだろう。あれは歌うかな、この曲が来たら嬉しいな、そうやって思ってるのかな。そう思ったらめちゃくちゃ羨ましくなった。でも楽しむことに関しては負けないとも思った。泣かないと思ってた。のに。めっっっっちゃ泣いた。結果的にめっっっっちゃ泣いた。泣いたことない曲でも泣いた。みんなが手を上げて笑ってたのになぜかわたしだけ泣いてた。情緒不安定か?!楽しくなかったわけでもないし、悲しかったわけでもないけど、なんか涙が止まらなかった。自分でもびっくりした。アルバムの一曲目にはいるスターフィッシュトーリー、3日目の名古屋で話を聞いた時、どういう感情で歌詞を書いたのか、わたしの思ってたのとは全然違っていた。むしろ真逆。わたしが聞いたあの歌詞は、わたしの想像とは全く違う思いでかかれていたらしい。そういうものなのかと妙に納得してそのことをその日のうちに誰かに話した気がする。最高って言葉、めっちゃつかうけど、最高がたくさんあったらどれも最高じゃないじゃんって思う。でも最高なんよ。わかるでしょ。みさきさんが、いたからたくさん話しちゃった。前にお前は子供だな、みたいなことをいわれたけど、それでも納得できない〜〜。だって子供だもん!さみしいのはやだよ!4日、いくのやめようと思ってたし行かないかもっていったけど、そう言って夜行の予約したのは誰なんですかねえ。知らない人ですね。ほんものかどうかって、誰がわかるものなんですか。わたしがほんものだっておもうんだから、ほんものだよ。それを誰かに聞いたわたしが間違ってたけどね。ごめんね。




そんなかんじでした。主観すぎて誰にもわからない気がするけど別に誰かに見せるためじゃないからいいや〜。ふふん。すきだよ。

明日ね、バイトの面接。できもしない飲食を受けるよ。制服があるらしいけど半袖だったらどうしようって思ってる。あのね、わたしね、死んだほうがましってよく思うんだけど、別に誰もわたしにそう思ってないんだよ。ていうかなんとも思ってないんだよ。ぜんぶ自意識過剰なんだよ。いま死んだほうが楽なんだろうな〜って思ってるだけなのに、誰にも迷惑なんてかけてないわけではないけど、大した影響力もないくせに、そう思うことで安心してるんだよ。ばかだねえ。これをもしみた誰かに、ばかだねえって言ってほしいんだよ。ばかだからね。


予約が今日〆切のことがあるんだけど、自己満足でやればいい話なのに、他に価値を見いだそうとしてる。こんなことばっかだね。かなり前に、わたしなんていてもいなくても一緒、みたいな泣き言を言った時、しかもそれを誰かにむけてメッセージとして送ってしまった時、君は誰かの何かになってる。少なくても、来てくれるから、笑って話しかけてくれるから、感謝してるって、いつもありがとうって、言ってくれて、別にわたしじゃない人がそうやって泣き言を言っても、同じことを言ったと思うけど、それでも、嬉しかったんだー。言った本人はもう忘れてるだろうけど、それでも、嬉しかったんだー。言われたほうの記憶にはずっと残るって、悪いこともだけど、いいことも。記憶力なんてにわとり程度もないかもしれないけど。



4日、福生、いこうー。

晴れますように。



気持ちの賞味期限



例えば。



就活があるからライブ控えなきゃ、

国家試験のために勉強しなきゃいけないからライブ控えなきゃ、

25になる前に徐々にライブ控えなきゃ、



とか



『大好きな人からすきだと言われた。それ以降否定の言葉はないから今もわたしのことがすき。』

『大好きな人からすきだと言われた。それ以降すきだと聞いていないから今はわたしのことはすきじゃない。』



とか。


人を、物を、現象を、一生すきだと言えることなんてあるのだろうか。終わりが来ることはあるのだろうか。強制的にやめなきゃいけないことはあるのだろうか。今はすきでも、そんなのいつまで続くかわからないよ。今、一生すきだと思っていても、数秒後、明日、一週間後、来月、来年、いつまで続くかわからないよ。気持ちも、言葉も、永遠なんてあるかわからない。それでもすきだ、と思うこともある。こんなに、気持ちを揺さぶるものは他にない。でも明日の自分の気持ちを揺さぶるものは、今日のそれと同じではないかもしれない。確固たる意志だって、いつ変わるかわからない。

一生すき、っていうのは、ずっと同じ気持ちでいる、と同意ではないと思う。気持ちがずっと上向き、と同意ではないと思う。自分も、すきなものも、変わるから。当たり前に変わるから。そこで全肯定しろといってるわけじゃない。なんだろうね。言葉にできない以前になにが言いたいかもわからないけど、そういうことではないと思うんだよ。いつか自分なりの答えが出せればいいけど。

数字とか、平均とか、周りの人とか、平凡とか、そういうものに縛り付けられたくない。そういったら、きれいごとだよというかもしれない。

わたしは、依存でもいい。物語でいうメリーバッドエンドというものでもいい。わたしがしあわせだとおもったことは、わたしのしあわせでしかないけど、それでいい。決められたしあわせなんていらないよ。周りの不幸の上に成り立つしあわせでも構わない。人のことを考えている余裕なんてない。人の目を気にしすぎているところはあるけど、でも、鵜呑みにはしたくない。承認欲求は強いのに、こんなことを思うのはどうかしているかも。変な人間だなあ。みんな変な人間なのかも。



さんがつの28、31と東京に行きました。おかげでいま全然お金がないんだけど。

代々木と下北沢。反省点をあげるときりがないけど、すきだなあと思ったよ。なにも見えてないかもしれないけど、すきだなあと思ったよ。転生は信じてないけどもし生まれ変わるならハーモニカがいいな。うん、絶対ハーモニカがいい。

お目当以外は後ろで見てることが多いけど、ファンの人が楽しそうなバンドをみると、そのバンドのこと、いいなあと思うよ。音楽もだけど、会場の雰囲気とか。いつもは最前にいるからあまりみえないけど。こんな楽しくて最高なものをステージの上の人はみてるのか。と羨ましくなったよ。いいなあ。いいね。


ファンじゃない人、それもライブに行く機会がほとんどない人を誘うという行為は、なかなか難しい。わたしは前で見たいけど、その人がどうかわからない。でも誘ったのに別行動っていうのも。その人のお口にあうかわからない。もしかしたらすきじゃないかも。でもね、わたしはすきだよ。わたしの心を掴んで離さない、あなたたちがとてもすきだ。強要はしないけど、わたしのすきなひとがわたしのすきなものをすきになってくれたらいいなって、思ってるよ。ちなみにね、OVER THE DOGSというバンドがすきなのだけど。もしよかったらきてね。笑顔で見えないかもしれないけど。涙でぐちゃぐちゃになるかもしれないけど。でもね、すきになれてよかったなって思うよ。わたしはね。なにもできないけど、すきだよ。ワンマンツアーがあるから、とりあえずスケジュールを下にかくね。誰かみてるかわからないけど。もしね、すきになってくれたらこっそり教えてほしいなあ。



OVER THE DOGS pre.

ワンマンツアー『謝罪会見』

(本当はミニアルバムリリースツアーだったけど、諸事情で延期になったからこのタイトルだよ)


4月7日 名古屋CLUB ROCK'N'ROLL

(ツアー初日だよ。東京も大阪も近いから、名古屋のひと以外もおいで。観光は名古屋城しか思いつかないけど、名古屋名物めちゃめちゃおいしいからそれを回るのも手だよ)


4月8日 大阪LIVE HOUSE Pangea

(二日目。心斎橋の近くだよ。大阪のひとは笑いに厳しいらしいよ。アメ村に、甲賀流という有名なたこ焼きやさんがあるけど、個人的にはだいげんというお店のたこせんがおすすめ)


4月9日 名古屋Live&Dining breath

(追加公演だよ。ここは食べ物がとてもおいしいよ。お店のひとがとても素敵だよ。甘いお酒がおすすめ!駅からも近い!ゆるゆるまったりご飯食べながら音楽聴きたいひとはここがおすすめ)


4月28日 東京下北沢SHELTER

(ツアーファイナルだよ。下北沢って独特の匂いがするよね。わたしはこの日、池袋のもうどくてんに行ってからライブの予定だよ。下北沢ってどこかしこにラーメン屋さんがあってときめきだよ)


プレイガイドでチケット売ってるよ。さんぜんえんだよ。追加の名古屋だけ確かメール予約だよ。バンドのホームページにいけば全部わかる気がするよ。OVER THE DOGSでぐぐろう。いますぐ。観光のついでとかでもいいと思うんだ。YouTubeに何本か上がってるから、いいなと思ったらこよう。対バンも最高だけど、ワンマンはもっと最高だよ。

バンド側の宣伝足りないよ!だからわたしがかわりに宣伝するね。気になってくれたらわたしがすこしだけにんまりするよ。

ツアー初日まであと3日?はやいなー。わたしはバイト漬けだよ。でもライブのためにがんばるよ。いろいろむずかしいけど、大変だけど、しんどいけど、でも大丈夫だよ。がんばらなくても大丈夫。将来は思い通り!(口癖)



言霊を信じるんだ、あーたのしいな。




無題

f:id:vanillaChirn0:20170324085940j:plain


今まで生きてきてこうすればよかった的な後悔ってあんまりない。思ったところで過去が変わるわけでもないし。そもそも過去の出来事を覚えてない。

今現在の悩みもあんまない。ていうか思いつかない。お金欲しいとか東京住みたいとかは悩み?どうしようもない漠然とした死にたいとかはあるけどどうにかできそうな悩みって特に。だから人に悩んでるから相談乗って欲しいとかもない。あんまり。

なにで頭を悩ませてるかってもうもっぱら希死念慮のことばっかなんだけど、これに関しては言ったところでじゃあしねよって感じだし。よく考えたら人生に思い入れがあんまりないのかもしれない。自分?好きな人はできるのに、両思いになりたいと思うのに、両思いイコールお付き合いというのがいまいち結びつかないのもそういうところなのかもしれない。まあ両思いになれるとかあんまり思わない。自分に自信がないから?それもある。自分という商品を相手に売り込むだけの魅力を自分が知らない。所有に関することはめんどいから省くけど、付き合うってその人とだけ関係を持つわけではないから。あーん。むずかしい。気合も覚悟もあるかわかんない。でも好きだなーって思うのはほんと。でもこんなんだめなんですか。わかんない。