バニラチルノ

名前を登録してください。

謝罪会見




お知らせとかいているだけで、嫌な予感がするようになってしまったのはなんでだろう。突然の報告というものに過敏になってるのはあんまりいいことじゃないなあ、なんて。とても喜ばしいことかもしれないのに。でも、いい報告な場合、なんやかしの報告の報告が事前にあったりする。それをする暇もないほど急を要するものと考えれば、たしかにあまりいいことに思えないのは確かかもしれない。言いたくてうずうずしてることでもないということだから。


春はすきだけど花粉は辛いのです。

ね、CDは延期になっただけなので、まあ特に悲しみはないです。だからと言って時間的余裕があるかと言われればわからないけど。でも中途半端で本人たちが気に入ってない音源は絶対に聞きたくない。まあ賢明な判断だったと思う。私が知っている限りで他のファンの人たちもそんなに悲しんではなさそう。まあ、受け手にいるのだから作り手が満足してないのにそれを早く出せというのはおかしな話なので。創作や作品作りに関して言えば受け手が作り手を上回ることは絶対にないと思っているので。個人的な思考だけども。




まあ今言いたいことはそれではなくて。

一つ、気づいたことがあって。以前好きだった歌い手さんがいた。途中で改名したので改名後の活動しか知らないのだけど。改名後初めての音源がとてもすきで。それですきになったのだけど。飽きたといってしまえば言い方は悪いかもしれないけど(勿論今でも投稿される音源は聞くしツイッターのフォローも外してない)情報は追っている。お金を落とさなくなった時点でファンは名乗れないかもしれないけど。その人のことが一番だった時(過去形なのが少し悲しいけど)動画はどんどん投稿されてアルバムも発売されて、新しい音源はずっとあがっていたはずなのに、その人の存在を初めて知った改名後初めての音源がずっと一番だと思っていた。割と真面目に。別に他の音源に文句や不満があったわけでもないしどれもかっこいいと思っていた。でも一番は、と聞かれるとやっぱりその音源しか思い浮かばない。今はというとそうではないのだけど、まあ一番最初だから思い入れとかもあるしなあと思っていたんだけど。

それが、今も起こってる。OVER THE DOGSを知ったのはたまたまYouTubeで出会ったマインストール。そこからずぶずぶのめり込んでいって今に至るのだけど、音源はどれもすき。順番をつけるのはあまり得意ではないけど、一番はといわれるとやっぱりそこはマインストールを思い浮かべてしまう。


これってどうなの?まあいいことというのもわるいことというのも違うかもしれないけど、思い入れがあるのもわかるけど、一目(耳?)惚れするほどの何かがあったのだからそれに特に魅力を感じるのもわかるのだけど。でもさ、なんか。普通が何かわからない。でも、普通は最高を更新していくものじゃないの?盲目でもない限り好き嫌いはあるだろうし、でも新しい音源の方がすきになるものじゃないの?その作り手が好きで、その人たちが最高なものを作り続けているなら、そうなると思ってた。でも実際そうなってない。これって、なに。過去に縋り付いてるってこと?誰が?私が?反論があるなら是非どんどんしてほしい。頭が悪いから、ほんとのところどうなのかがわかんないんだよ。でもじゃあ昔のその一番の音源だけが好きなのかというとそれは違くて、新しいのも勿論好きなんだよ。でも今のところ一番になる予定はない。今後どうなるかはわかんないけど。これってなんでなんですか。誰か教えてください。気になって夜しか眠れない。





タラレバ終わっちゃったね。ドラマ。見てないけど。最終回の告白シーンがめちゃくちゃツイッターで回っててみたけど、坂口健太郎はイケメンだけど原作の私の思い描いてた感じと違いすぎた。KEYくんじゃなかった。原作への愛が重すぎるのか、なんでも柔軟に受け入れられるやらかい頭を持ってないだけなのか、わからん。わからんぞ。実写でいいなあってあんまり思わない。銀魂の映画も、行くけど少し複雑な気分です。大好きなだけに。不安しかない。実写化してる監督もキャストさんもそれに関わってる人みんな、原作への愛がないわけじゃないことはわかってるのに。なあ。うーん。心狭いのかな。頭固いのかな。でも複雑。




私には、準備がなにもできてない。





零落



気がつくと1ヶ月たってるの、不思議すぎるね。全然。余裕のよの字もないです。金髪の坂口健太郎の写真を保存してはにやにやしてる毎日です。



私の好意を、好意として受け取ってくれるなら、そのまま受け取ってくれるなら。少なからず相手も私に好意があると自惚れていいですか。すきです、にすきです、と返してくれなくてもいいので。








春はすきだけど花粉は辛いのです。



きいろ


日記はわりとつけてるけど、やっぱり電子の海にのせようとすると続かない、続かない。それみたことかと過去のぼくが言う。でも書いてないだけで、いろいろありました。なんやかんやあってまだ生きてます、多分。



今日は久しぶりに病院に行きました。別に信用してませんが診察しないと薬は出してもらえません。その薬すら信用してませんけども。何の薬か知らないけど、安定剤であること、多量摂取することで少しの安定を得られること、もしかしたら安定剤としての役割は果たしているのかも。致死量を先に調べて安心するタイプの人間です。多量摂取を頻繁にするので長期間分の薬はもらえないけど、久しぶりにもらった分を規定の期間より早く終わらせた気がする。心の安寧のためなので、それを医者も認めてるので、とやかくは言わないでください。体をたいせつにしろって言わないでください。リストカットは左腕だけです。右利き。この文章に意味はありません。




いま、2時47分。書き終わってる頃には時間が変わってるかも。なぜか揺れてます。いま。途方もない未来に向かってます。嘘です。目的地は東京です。今日は、OVER THE DOGSのつねくんがソロでやってるツアーのワンマンです。ファイナル。ファイナルってことは終わりってことです。てことは始まりがあったってことです。2月10日。もう既に懐かしい。広島、大阪、名古屋。そんで今日が東京。ソールドですって。うれしいね。なぜか大阪の記憶だけほんとうにない。どこに忘れてきたんだろう。数回のうちのね、1回って思いたくないし、思われたくない。とは思ってる。全部行きたいけど、そしたら1回を1回とカウントできなくなりそうで、怖い。でも後悔すると嫌なのでいくけど。余裕はないです。もとから。大学を卒業してから、いちねんとちょっと、ニートというか、バイトしても1週間とかでやめてた時期は、お金を貸して貰って、ライブに行ってた。そこまでしてって感じだし、情けないし、でも生活に必要だった。生きるのに必要だった。まだ生きてます。いま、まだ2か月とかだけど、バイト続いてて、とりあえずニートじゃなくてフリーター。とりあえず自分の時間をお金に換えてライブに行ってます。ちょっとだけ偉いね。大学在学中も、バイトしてたしそのお金でライブ行ってたけど、ほんとうに、いちねんとちょっと、何があったんだって感じです。あんまり記憶ありません。もとから。今のほうが充実してるかといわれると、うーんてかんじだけど、ニート期間より罪悪感は少ない。はず。また4月から生活が変わりそうなのでどうなるかはわからないけど。。そういえば今日病院で先生が言ってた、最近記憶力というか、ほんとうに、記憶がないことが多くて、ツイートしてるけどその時を覚えてない、その感情を覚えてない、バイトにも行ってるけど起きた記憶がない、怒られてないからやることやってるはずなのに思い出せない、みたいなことが多くて、それに対する答えとして乖離なんじゃないかって言われた。自己防衛、みたいな。はじめてだからわかんないけど、そこまで追い詰められてるかんじではないはずなんだけどなあ。まあ別に困ってないからいいけど、たのしいときの記憶まで奪うのはやめてもらっていいですか。害はないけど、これが続くと生きてる心地がしなくなることがあるので注意してっていわれたけど、うーん。まあ、はい。ライブの話をしよう。すごく、つらい。大好きだから、余計。好きとつらいは真逆の感情だと思ってた。違うみたい。思い通りにいかないから、とか、別にそういうのじゃないし、わたしじゃない人が作る音楽がわたしの思い通りにいくはずないとおもってるけど。そこが好きなんだし。うーん。なんていおう。好きだなあ、って思うよ。なんでこんな、ほんとに、なんでこんなにって思う。交通費をさ、バンドの収入にできたらいいと思うんだ、わたし。25日に給料日だけど、もうないよ。揺れてるおかげで。本気とか、努力とか、あんま信じたくなくて、(曖昧だけど)成功してない人の言葉に嫌悪感をおぼえる。それを努力といえるのか、とか。自分の精神力が弱いから、そのことをいってるんだとおもうけど。形にならないなら、努力じゃないんじゃない?とか、自分の糧になるとか、だって、その自分もすぐ死んじゃうじゃん。でも意味なんてないと思うよ。わかるよ。好きなことだけして生きてるわけじゃないけど、まあそれなりに選択していまがあるよ。自分で選んでるよ、自分の好きなもの。好きだよ、OVER THE DOGS。つねくんも。わかんない?わかんないか。そういうわけで、もし東京まで生きてたら、ファイナルです。やだね、ファイナル。たのしみは、はんぶん。でも全部。






存在を確かにするための共依存って、しあわせじゃない?

午後11時のストロベリーアイス




どこにも行けない誰にもなれない何の役にも立たない





そんなことはわかってた。生きてる意味なんてそもそもどこにもないし、生まれてきたことにも理由なんてない。小さなことでうだうだ悩んでばかみたいだ。でもその悩みさえ、自分だけのものではない。駅ですれ違う人は、バイト先でレジに並んでる人は、病院の待合室で隣に腰掛けてスマホから目を離さない人は、私とは違う生き物だと思ってた。人間じゃないのは私か、相手か。だからすごく違和感があった。なんでそんなに何事もなかったかのように毎日を過ごしているのか、上手に生きているのか。でも私は他の人の心の中はわからないから。葛藤があったのかもしれない。悲しみに明け暮れた日があったのかもしれない。どこにもやれない気持ちをグーグルの検索欄に打ち込むと同じような人がたくさんいた。違和感。似たようなことを考えている人は、いったいどこに隠れているんだろう。なんで私からそうは見えないのだろう。見ようとしていないだけ、かもしれないけど。もしかして周りにいる人たちは宇宙人なのでは?外側は同じなのに。



時々無性に家を飛び出したくなる時がある。誰にも会いたくないのではなくて、私のことを知らない人しかいないところへ行きたい、が正解かもしれない。結局今日は家から出してくれなかった。エアコンも炬燵もつけずに部屋に閉じこもってることにも飽きてきて、鍋に水を入れて火をつけた。夕飯の時間はもうとっくに終わっていた。心の底が見えるような、無理やりこじ開けて覗き込まれているような、そんな感情は居座り続けてるくせに、食べようとする。食べることは、生きることだ。死にたい死にたいと嘆きながら空腹を満たそうとする。違和感。何がしたいのか自分でもわからない。過食ができるわけでもない、自信はあるものの小さめの胃は一食に満たない食事量で満腹を訴えた。


明日少し早く起きられたらばれないように外に出よう。なんて予定を立ててるあたりばかだなーと思う。そういうものじゃない。希死念慮は予定じゃない。




みんな辛いのが当たり前、

だったら乗り越えるまでの余裕をください、かみさま。

転生というものを本当に信じたくない。だから死にたいんだ。この世からいなくなりたいんだ。死を救いにしたいんだよ。生まれ変わったらもっといい生活に……なんて、冗談でも思わない。来世なんていらない。終わりにしてよ、地縛霊とか、死んでも勘弁だから。





(霊は既に死んでるけど)





髪の色を変えたんだ



君は気づいてくれるかな


気づいてほしい時は気づいてくれないけど、気づいてほしくない時に限って気づいてくれるよね。嬉しいの半分、恥ずかしいの半分。




コミュ障なおしたい。ていうか、すきな人だからといって話したいことがたくさんあるのかと聞かれるとううんってなるのがまた難しいとこだよねっていう。あるんだろうけど、いくつかある話題を取捨選択しないといけないのと、緊張してる中でその話題を思い出せるかって話。友達じゃないからね。といっても友達だからって全てはいってないけど、でも範囲的には友達のほうが広いと思うから。それもおかしい話なのかもしれないけど。


手紙という形をとるのは、話すのが下手だから。でも、形として残るということは処分に困るということなの。一回読んだら燃やしてね。キャパの中で、いらないものは捨てなくちゃいけない。そういえば、半年前くらいに送ったある手紙、引っ越しても持っていってくれてびっくりしたなあ。気持ちは込めるけど、記憶が尾を引かないので、相手だけがその時の自分の言葉を読めるというのは変な感じ。でももう捨てられちゃったかな。それはそれで寂しいかもしれない。でも残すべきじゃない。手紙というのは。過去にあった気持ちは、もうないかもしれない。双方に。部屋の隅でかちりと音がしてライターの端に小さな火が灯る。さよなら。すぐには許せないのに、その気持ちを持っていたくない。さよなら。目からこぼれた水で火が消えるまであと。

ADDICT




過去はその時々で清算していかないと、後々泣きを見るのは自分だと、何回言えば。。。

ばらばらになった安定剤と、財布と携帯と切れ味の悪いカッターをカバンに詰め込んで家を出たのは17時過ぎ。安定しないバスに揺られながら行く先にあてもなく。途中で買ったブロンを半瓶きめてもどうにもならなかったし、どうにもならないことは最初からわかってた。財布には大打撃だけど。。。携帯が震えるたびに安堵してしまう自分がいて、なにしてるんだって気分になったよ。結局家出もどきは半日ももたなかったなー。あたたかい毛布にくるまってこれを書いてます。


今日は、ずーーっとそわそわしてた。期待半分なとこがあったのが、反省点です。。。心にひとり。あと半年。ながいなー。まあ半年たってどうなるわけでもないんだけど。。。



一応ライブレポメインのつもりだから、今度からかく!たぶん!とりあえず今までのを全部一覧にしたい。。あと8日のすごろっくのことをかきたいです。

おやすみなさい。。。





末路。


日記を書くのが好きだ。それも手書きで。ずっと書いていた日記帳が最後のページを迎え、新しい日記帳を買えばいいものの、それを曖昧なままにしていたせいか、それでも書くこと思うことは増えるせいか、空白を見つけてはメモ代わりにしてあとできちんとまとめようと思っていた。自分自身に恩を仇で売られた気分だった。そもそも自分に過度な期待を抱きすぎていた。どこに行ったのかわからない自分の思考や出来事は、消えはしないものの思い出せないものとなった。


自分はツイッターをやっているのだけど、今、アカウントが8個ある。それも全部違う名前、フォローしている人も全部違う。どのアカウントを開いても同じタイムラインは見つからない。でもそれだけ友達が多いわけでもない。そもそも友達なんていないのかもしれないけど。やりたいことはたくさんあった。だから用途別にアカウントを分けてるつもりだった。今となってはどのアカウントも泣き言だらけになった。見ている人がいるかはわからないけど。それでもアカウントを消したら自分の一部が消えそうで消せないでいる。つぶやくだけつぶやいてほとんど見てないタイムラインは、名前やアイコンが変わって誰かわからなくなった人間が意気揚々と自分のことをつぶやいている(と思う。見てないからわからないけど)。


日記を書くのも、ツイッターでひたすら自分語りするのも、息を吸うのと同じで既に当たり前になっているけど、多分その理由は自分の記憶力が極めて低いからだと思う。一週間前のライブのセットリストが思い出せない。昨日の昼ごはんが思い出せない。だから書く。忘れてから後悔したくないから。覚えていたいから。だけど、終わりのページを迎えた日記帳の新しいのを買う気にはならない。ばらばらのアカウントでつぶやかれたツイートは遡るのが少々厄介。だから、ここをつくった。本当は、すごく飽き性で、続くかどうかはわからない。でも、今から書くことをあったものにするために、できるだけ長く続けてみようと思う。好きなものが多いから、雑多な記事になると思うけど。誰も見てないのはわかってる。これからよろしくね、自分。







好きなもの/

考えること、言葉にすること、お金と時間、OVERTHEDOGS、ラブリーサマーちゃん、かたいグミと溶けるのが早いラムネ、カスタード、炬燵、夏でも冬でもない季節、数字の0、黒と白、オーバーサイズ、モチーフとしての十字架とキリスト、スケジュール帳、トマト、古本屋、東京、チーズケーキ、夜中のコンビニ、時間に余裕がある時の鈍行列車、1日分の野菜、丸眼鏡、ヴィレッジヴァンガード、極彩色、スカジャン、厚底スニーカー、ブレスケア、ハイトーンの髪、悪夢、モスコミュール、月と宇宙、柴村仁三浦しをん、緑色、鍵アカウント、赤いテレキャスター、冬に出会う温かい便座、スターバックス、古着屋、ぼのぼの、お話を書くこと、漫画


言い出したらきりがなくなりそうだけど、一つだけ言うなら嫌いなものは夜と精神科医とお風呂上がりのドライヤーです。





多分ライブレポが多くなると予想しているけど、どうなるかはわからない。忘れたくないな、書かないと頭の中で戦争が起きそうだなと思った時に書く。


自己紹介はしません。アカウントはたくさんあるけど、大体は僕です。生きた証を残したいなんて大それたことは思ってません。よろしくお願いします。