バニラチルノ

名前を登録してください。

人間がどうしようもないくらい大嫌いで、だからこそ大好きなんだと思う




でも、大好きだと思える人がいい意味で人間らしい部分を見せない人だからというだけかもしれない。若しくはわたしが人間らしい部分を故意的に見てないからか。


遅くなってしまったけど4日の話を書きます。ただ酔っ払っていたのであまり覚えてはいない。




二年半前くらいにOVER THE DOGSを好きになって、はじめて福生という町の名前を知った。その時とバンド名の表記が違うけどまあ今はこれなので、ってことで。で、一昨年の春?かな。東京遠征の予定があったのでそれにかこつけて、好きなバンドマンが住む町に行ってみたい!という欲求を叶えるためだけに都心から時間をかけて福生に行きました。まあ重症ではないけど割とストーカー気質なので、そうなるよね。いや別にストーカー気質じゃなくてもそう思うよね。丁度桜祭りなるものをやってたので、内心もしかしてプライベートで遊びに来てるメンバーに会ったりしないかなみたいな下心がなかったとはいえないし、ぶっちゃけあった。まあ会わなかったんだけど。割と地元でのお祭りにでてる感じらしいのになんで桜祭りには来てくれないんや。っていうのはあったけどまあ出ないもんはしょうがない。むしろ電車代と時間をかけてライブもないのに地元に聖地巡礼みたいなことするわたしがおかしいのはまあ否定はしません。て感じではじめて福生の地を踏んだのが一昨年。二回目の福生は無事ライブがある時だったのでよかったです。ちなみにその日都心に近いところでイベントやってて、お目当の出番も18時とかだったのでイベントの方遊びにいこうかなと思ってたんだけどその距離電車で片道約2時間らしくて体力ないからやめました。今思うとやめといてよかったと思うけど、基本的に都内でライブがある時って都心だし、メンバーも割と時間かけて来てるんだなあと思うと大変だなあと。いつか近いうちに絶対東京に住みたいけど、目的のためを考えると福生に住むのはさすがにないかなあ、と。まあ地元でのエンカウントは超おいしいとは思うけど、年中金欠のフリーターマンなのでちょっと無理そうです移動費的に。ていうかさっさと働いてくれ自分。うん。。


前置きが長くなってしまったけど、念願叶って推しの地元でのライブに参戦です。毎度お世話になってるけど大嫌いな夜行バスちゃんに揺られて新宿あたりについたのが7時前。降りてすぐがまじで地獄。更にその日はなんか露骨なナンパに出会ってしまって鬱極まりない。ナンパされるような人ってちょろそうな見た目してるだろってよく言われてるけどそれでもぶっちゃけ見た目が可愛くないとされないでしょって思ってた身としては自分がされることによってなんかいろいろ砕けました。へこむ。勘弁してほしい。

で、1時間ちょいくらいかけて福生までいきました。会場が福生にある中央公園てところだったけど聞いたところによると最寄りは福生駅ではなくて一個前の牛浜駅らしい。だから別に福生駅には用事はなかったのだけど記念のために乗り過ごしました。福生駅ってかかれてる看板のためだけに行って写真撮ってすぐ引き返した。なんの記念やねん。牛浜駅で友人を待ってる間駅前にあった福生周辺の地図を見てお家どのあたりかなとか気持ち悪いこと考えてましたすみません。んでそこから公園まで行きました。全然近くない最寄りのコンビニで食料調達(に見せかけてアルコール買っただけ)して公園につくと親子連れが多すぎる。GWだから当たり前なのかもしれないけど。なんか、全然回ってないからわからないけど、町見渡して思ったのは立地がいいだけの田舎って感じ。まあでもその立地が一番重要なので普通に福生市民羨ましいです。鼻敏感じゃないし花粉症なので匂いなんか全然わからないのに懐かしい匂いがしたみたいな感覚。悲しいな。で適当にご飯食べて昼から飲酒して(GWだから許して)聞こえてくる音楽にゆらゆらしながら楽しみました。いやめっちゃたのしいね。太陽が死ぬほど嫌いなので夏は嫌いだし野外フェスもあんまり行きたくないしだから夏の野外フェスなんてまじかよって感じだったんだけど普通に楽しかった。普通よりもっと楽しかった。でもラッシュボールとかメトロックとかモンバスとか、行く予定は全くないけど。太陽も嫌いだけど人混みも嫌いなんだった。とけた電球ってバンドがなぜかインストバンドだと思っていたけど全然歌ものだったし全然かっこよかった。バーミーも久しぶりに見たらめっちゃ楽しかったんだけどこの時点でもう既にできあがってたのでなぜか隣にいた知らないシティボーイ(?)と腕組んでたっぽい。まあ記憶ほぼないし顔も名前ももう覚えてないんだけど。すぐ知らない人に絡むのやめな〜。そんで次ですよお目当は。野外とか自分が新規で地方故にめっちゃこぼしてるんですよ。悲しい。金銭的余裕ほしい。なんかライブハウスの音響のよさが云々とか言う人いるけどぶっちゃけわたしそんな耳よくないからあんまわかんなくて。野外だからまあすんげえいい設備ではないんだろうけど、別にそんなん気にならないんだよね。むしろそれ含めてよさだと思ってるから、めちゃくちゃ楽しかった、酔っ払いなのに頭揺らして飛んでた気がする。ばかだな。定番も、最近よくやる新曲も、最高だー。あー。ありがとう、ありがとう。人間の声なんて機械通したところで届く距離なんて限られてるけど、それでもどこまでも飛んでっちゃうような開放感が最高でした。どっちかっていうと物理的距離の話ではないです。

ライブ終わった後もやたら飲んでましたね。ビール頼もうとしたら終わっちゃってて残ってるのでいいよっていったけど飲んだら苦手なやつだった。ので人に強引に渡した。ごめん。そしたらなぜかどこから持ってきたのか知らないけどビールくれた。わあい。わらしべ長者の気分です。(??)酔っ払うと愉快な気分になってたかが外れるのほんとよくないな。反省しろ全くー。でもこの日はなぜかめっちゃいじられました。うける。


まあそんなこんなでバンドマンの地元でライブを果たしたわけですが。基本的に写真撮らない方だけどこの日まじで全然手元になくて。まあ楽しかったからよしなんだけど、後日SNSでちょこちょこ写真にわたしいて、まあまあとても恥ずかしいけどちょっと嬉しかった。そんな感じです、はい。


タイトルは別に特に意味はないけどそのまんま。かわいくなりたい!って思った時に方法が人間性を排除することしか思いつかないので割とぽんこつだとおもう。なおせないけど。テレビで見るようなアイドルたちはまあかわいくなるための努力をしてるんだろうけどその方法が自分やまわりとあまり変わりないのを見てしまったらそれは別にわたしは嬉しくないって話。かわいい人は好きですよ勿論。そういう話じゃなくてね。まあいいや。


まとまりないけど終わり。5月は推しのライブがそれしか予定なくて、っていうかわたしに余裕がなくていけなくて、久しぶりに1ヶ月1本とかでちょっとがんばれない。息ができません。半年がんばったバイトを4月でやめてそこからニートだったんだけど、みっつめの面接でようやく次が決まったので頑張ります。がんばれないけどがんばるしかない。誇大してるわけでなく死ぬほど頑張ります。


もしかしたら今日あといっこ記事かくかもしれないけど忘れたらそのままになるかも〜。ってことを忘れないうちにかいておく。