バニラチルノ

名前を登録してください。

何者にもなれない

出会って1ヶ月経ったか経ってないかくらいで私に告白した先輩が半年前くらいに文字を使って俺は今でも君が好きだよと言ってきた。私以外の何人もの女の子と付き合ってきたくせに何を偉そうな。先輩は私のこと好きじゃないんでしょう、そう言ったらおまえに俺の気持ちがわかるの?と言われた。確かにそうだと思った。先輩だって私のこと知らないくせに。私の気持ちなんか何も知らないくせに。その先輩を好きだった期間は一日もない。私は先輩が告白してきた2回とも他の人が好きで、かないっこない相手への片思いだったけどだからといってじゃあ先輩と付き合うのかと言われたらそれはあり得なかった。所謂選択肢の話かもしれないし、もしかしたら私は幸せな未来をうしなったのかもしれない。後悔なんて、今もこれからも一生するつもりはないけど。

私のこと何も知らないのは何も先輩だけではなかった。私が好きだった人も、友達も、家族も、私も。何も知らない。鏡をみないと自分の顔も思い出せない。今どこに居てなんでここにいてなにを楽しみに生きているのかわからない。何も知らないから何者にもなれない。何者にもなれない私は私なのかといわれれば。そもそも私って。





何者にもなれない。
何者にもなれないなら、死ぬまで他人を傷つけてもいいから化け物になりたかった。
きっとこんなことを考えている私が私なのかもわからないし考えていたことさえ忘れるだろうし、それなのに忘れられた思考は形を失った呪いとなってどこにあるかもわからない私の心に溜まり続ける。