バニラチルノ

名前を登録してください。

おさなさ



話したら楽になるよ、ことばにすると楽になるよ、とはよく言ったものだけど、経験からして私は多分これにあてはまらない。と、思う。

ひとが何かをことばにしたいと思うのは、当たり前だけどなにか言いたいことがある、思ったことがある、それが物事への肯定でも否定でも同意でもなんでも、なにか思うところがあるからことばにしたいと思うのだと思うのだけど、まず私にとってこのことばというのが万能じゃない。語彙力がないとか、そういう問題も原因としてあるのだけど、自分がなにを考えているのかいまいちわからない。思ってることをことばにして改めて見返すと別に私、こんなこと思ってたわけではないのかも、ということが多々ある。語彙力の問題でもあるけど、じゃあ結局なにが言いたかったのか、と考えたときにほんとうになにもわからなくなる。羅列されたことばが正しいのか正しくないのか、もしくは正しくはあるけど合ってはいないのか、私にはなにもわからない。わからないけど、何かしら小さな違和感が残る。なんか違う気がする。確かにこんな感じのことは思っているけど、言いたいこととしてこれは私の意見とは違うかも。ひとというのは完璧ではないので矛盾が生じることもあって、矛盾が生じることについて個人的に嫌悪の気持ちはないけれど、さらにいえば矛盾があってこそだと思うけれど、それともまた違う。矛盾してるかどうか、意見が一貫しているかどうか、そういうはなしではなくて、なんだか言いたいことと違う。漠然とそう思う。けれど、かいてしまったことばは呪いのようなものでもしかしたらそう思っていたのかもしれない。違和感はあるけど、ほんとうは私はこう思っているのでは?そんな小さな気持ちが出てくることがあって、そこからそのかかれたことばに飲み込まれるように意識がそっち側へ傾倒してしまう。こともよくある。傾倒しないこともある。なんだか違うな、と思ってもそのうちそう思うこともあるし、ずっとなにかしらの違和感を感じていることもある。だから違うなと思ったらことばを消す。呪われないように。吐き出してしまったことばが自分の意見であればまだ問題はないのだけど、感情だったときがやばい。もう、やばい。自分がなに考えてるのかわからなくなって、自分という人間のことがわからなくなって、自分という人間のことすらわからない自分に嫌気がさす。ことばにするだけでも感情に影響があるというのに、それをひとに話したりしたらもうだめだとおもう。そもそも自分でもわかってないことを思ってもないことばで自分ではない他人に自分の意見として伝えるなんて無謀な行動がよくできるなと思う。なんの解決にもならない。たくさん言いたいこと思ったことがあるときに限って、自分の感情がわからなくなるから、あまり多くは喋らないほうがいいのかなと思っている。といったところでなにも言わないことで相手に違った解釈をされるのも好きじゃない。面倒くさい人間だなあ。今もわりとたくさんかいてしまったけど思ってることとは違うかもしれないし、思ってることがかけてたところで正確に伝わってるかもわからない。人間なのだからそんなものなのだろうけどなんとなく納得がいかないところもある。私のことばはあんまり信用しないでね。そのまま鵜呑みにしないでね。そして、私なんかのことはあまり考えたりしないでね。自意識過剰でのことばではなくて、自嘲のほうでのことばです。色々いったところで、案外なにも考えてないかもね。わかんないね。難しいね。自分との対話も他人とのコミュニケーションも難しいね。やになっちゃうね。





たぶん、私はずっと希望という名の病気に罹ってるんだなあって改めて思う。言う必要のないことばしかもってないけれど、愛しているよ。それだけです。


私が好きだと思うことで好きな人に嫌悪を抱かせることについてはほんとうに天才だとおもうなあ。

大丈夫だよ、大丈夫だよ、なにも心配いらないよ。