バニラチルノ

名前を登録してください。

もとにもどす






だいすきなひとの新しい曲があがったのできいてください。きいてほしい。とてもだいすきだから。わたしはあまり人とすきなものを共有したくないなあと思うことがおおいけど、すきだと誰かにいったことで反応されることがこわい。すきだよといってくれるのもすきじゃないなといわれることも。わたしの、わたしがだいすきなものについての思いはなにも変わらないのになにかしらの反応をされるのがこわい。でもちょっとだけきいてみてほしいなあ。なんとなく、共感を覚えたりこのことばがすき、というのがあったりこのシーンはこうだろうな、とかこういう思いでつくったのかな、とか、わたしがなにかを感じた部分ははなしたくなるので、そういうのに似てるのかもしれない。すきじゃないといわれるのがこわいわけじゃないよ。でもちょっとこわい。でもすごくだいすき。
またはなすね。









最近インターネット上で見た誰かのことば、自分はなにかしらの行動をすることが好きというわけではなくてもとにもどすことが好きなのかもしれない、というもの。とても共感した。ほんとに共感なのかはわからないけど。例えば、いっぱい詰まったジュースの棚で何個か売れたら、売れたとこにあながあいて、そのあなを埋めるために売れたものを同じ数だけ補充すると思うんだけど、それは補充してるんじゃなくてもとのいっぱい詰まったジュースの棚、というものに戻してるのでは?みたいな話だと思う。めちゃくちゃわかる。潔癖でも掃除好きでもないのにテレビのリモコンとか使ったボールペンとかをもとにもどすのとか。片付けるというんだけど。いつもは仲が良くて毎日おはなしする誰か喧嘩した友達と、また同じように仲が良くて毎日おはなしできるようにもとにもどすのとか。仲直りするというんだけど。わかるなーっておもっちゃった。っていうだけの話なんだけど。もとにもどすということがいいとかわるいとかではないけどなんかちょっとだけ寂しい気持ちになるのはなんでかな。もとにもどせるならもどしたほうがよくない?もとにもどさずに新しいかたちにつくりかえたほうがよくない?なにも考えずにもとにもどしていいのかな?どう?どうかな?わたしはもどしちゃうかも。割と。人間関係だけは別だよ、とはいいきれないかもしれないね。わかんないね。もとにもどす、ということばにあてはめてしまうと感じるこの物悲しさ、なんだろね。すごく共感したんだけどね。もとにもどすの反対がさきにすすむ、とは限らないかもしれないし同義語が過去に戻る、とは限らないかもしれないし。いつかマーケティングの勉強をかじったときに、果たしていっぱいに詰まった棚というのは売行がいいのかわるいのか、みたいなはなし聞いたな、というのを思い出した。



いままでしたお給料をもらうお仕事、別に人間がすきなわけでも人間とはなすのがすきなわけでもないのに結局ぜんぶ接客業を選んじゃってるの、履歴書には人に喜んでもらうのがすき、みたいなよくかんがえると意味がわからない理由をかくことがおおいけど今日レジはいってるときにわたしは人に喜んでもらうのがすきなわけではなくてわたしがすることでえらいねえすごいねえって褒めてほしかったんだな、ってわかった。みんながみんな褒めてくれないしなにやっても嫌い!って思ってる人はいると思うけど、なんとなく嫌いじゃないよ、って思われてる人に笑顔振りまいてみたり声かけてみたりしてありがとうっていってもらうことで、すごいね嬉しい、っていってもらうことで、褒めてほしいんだな。ずっと褒めてほしかったんだな、わたし。お給料もらって働いてるのに褒めてくれるのうれしいね。なにも知らないからなに教えてもらってもちょっと覚えて実践できるだけで褒めてくれる研修期間、お金の面以外のはなしだとなかなかうれしいかもしれない。褒められたいよね。いつも褒められたいよね。ずっと褒められたいよね。みんなしあわせになりたいよね。


春はすきだけど花粉はつらいのです。