バニラチルノ

名前を登録してください。

リバーズエッジをみている時やみた後に思ったこととか考えたこととか



原作、存在は知っていたけど読んだこともあらすじも知らなかったしそもそもタイトルのリバーズはreverseもしくはrebirthかと思ってたらちがった。だってリバースエッジだとおもってた。ちがった。


これネタバレを含むよとか書いた方がいいのかな。公開期間終わってるしいいか。いいのかな。いいの?



言葉にするとか文字を打つと本人でも思ってることと違うなあっておもうのなんでだろうね?他人だと尚更だよね。

最後まで誰にも感情移入できずに終わった。テーマもわからなかった。ただ物語のようで物語でないようなフィクションのお話がそこにあった。このお話はフィクションだろうけど、たぶん、似たようなことが現実でも起きてるんだろうなあと思った。というか、何が起きて何が起きてないかはわからないけど、きっと、この現実のどこかにリバーズエッジの登場人物たちは生きてる。べつの名前で。そんなかんじだった。個人的には、圧倒的に田島さんがマジョリティだと思う。そうだよね。多いよね。タイプが違うから感情移入できないけどこういう人間、いると思う。逆に山田とか吉川さんとかハルナはマイノリティに属されるのかなあと思う。この現実、現実の世界において。世界の何を知っているのかとか聞かないでほしい。でもやっぱり田島さんがマジョリティで山田、吉川さん、ハルナがマイノリティだと思う。ハルナの彼氏もマジョリティかな。ここでわたしが言うマジョリティっていうのはあーこういう人いるいる、率の高い人って意味。べつに悪意も善意もないしだからなんだと言われてもそう思っただけですってかんじだけど。人の心の中なんて読めるわけがないしその人の実際の人間性のどれだけを理解できるかなんてわからないけど、それでもそう思う。で、どの人間も悪くない。ただベクトルの数と大きさが違うという話。なんのはなし。


見る前に口コミサイトの一番最初のネタバレ記事をひとつよんだ。綺麗事ばかりだね〜とかそんなかんじだったきがする。ほんとに???ほんとに綺麗事だと思ったの???まあ誰が何を感じようと自由なのだけど、個人的な意見としては全く違ってびっくりした。綺麗事っていうか表面、上っ面、みたいなかんじ。マジョリティっていまわたしが言ってる人。普段はなかなかうまく生活してる人。奥のことは知りません。その上っ面が稀にほとんどない人がいたり、意識的にそうしたりしてる人たちがいて、マイノリティっていまわたしが言ってる人。大多数とちがうと叩かれる。いやな雰囲気だね。いいも悪いもないよ。ただ、マジョリティであってもマイノリティであっても、確かに存在するんだよ。数が多かろうと少なかろうと一般的だと言われようと言われなかろうと確かに存在する。どちらも、誰か一人でも存在してる時点で存在してるんだよ。それがどうとかって話じゃなくて、存在してる、という事実がある。べつにそれは悪いことではないしただそこにいる、それだけの話だと思った。

登場人物の誰にも感情移入できなかったけど、ただ最後に山田がいった「生きてる時の田島さんより死んでる時の田島さんのほうがすき。ずっとずっとすきだよ」これね、ほんとうに嫌悪感を抱く人がいるだろうなと思う。と同時に、わたしは、死んでる時にすきと言われるなら、愛してくれるなら、それでもいいよ、じゃあ、死んでもいいよ、いつでも。あなたの言う通りに。と思う。田島さんの相手が山田だったように、わたしにとってのある人がそう言ってくれるなら。生きてるハルナがすきといった山田の気持ちがとてもわかって、田島さんのこともかわいそうだとかは思わなくて、死んですきになってくれるならいつだって死ぬよ、という話。リバーズエッジの登場人物は、確かに存在するよ。この世界に。それも、登場人物の数より多く。確かに存在するし、たぶん今日も何かが起こりながら、何も起こらないまま、生活は続いてる。綺麗事じゃなくて上っ面だと言ったのは、綺麗事も確かに存在して、それもとてもたくさんの。でも綺麗事が全て上っ面なわけでもなくて。上っ面を剥がしたときの、そのべとべとで汚いところとか、奥の奥の暗い暗い部分とか、それ以外とか、ぜんぶ、存在していて、同じように共存してる。事件や事故があったとしても、それも生活の一部であって、それが特別なことでもなくて、ただの日常が日常なわけでもなくて、穏やかであることも、そうでないことも、全て、全てが同じように共存してる。特別なことなんてひとつもなくて、ぜんぶが、おなじ、おなじようなこと。何かあっても、それをいつかは忘れていくし、だからってなかったことにはならないし、日常といわれるものだって、ありふれたものだとしてもひとつひとつがひとつひとつで、ありふれた、なんて言葉は合ってなくて、それでもありふれたものだよ。ぜんぶ存在してて、ぜんぶ共存する。美しいものも美しくないものも恐怖も喜びも悲しみも嫉妬もいろんな感情、出来事、にんげん、ぜんぶ、ぜんぶおなじ世界でおなじように存在してて共存してる。それだけの話なんだよ。なにも特別じゃないし、ありふれたものでもない。そうだと思う。そうだと思うよ。例えフィクションだとしても、フィクションじゃない。そういうものだと思う。綺麗事が綺麗事であることも綺麗事ではないこともある。この世界にはぜんぶある。そうだと思うよ。



長くなってしまった。感想というか、リバーズエッジを見て何か思うことがあって、その上で他の人はどう思ってるのかな、と思ってる人に読んでほしい。読まなくてもいいよ。ただわたしはそう思う、ってだけ。そうだよ。あの映画は特別でもなんでもないけど、きっとそのうちわたしも忘れるのだろうけど、もしツタヤの棚でこのタイトルをみつけて、そのときとても暇でなくても、たぶんわたしはそれを借りるんじゃないかなあ。そう思うよ。

見た人いる?あなたの思ったことも、わたしは聞きたい。決して肯定も否定もしないけど。



















二階堂ふみちゃん、かわいすぎん、、?ていうかおっぱいでか。

映画のレイティングってどうやってつけてるんだろう。これ、高校生も見れるのか。どう思うんだろう。