バニラチルノ

名前を登録してください。

恋は雨上がりのように


最近、色々あった。話すと長くなるけど色々あった。自殺を考えたことなんて何回もあるし何回もあるのに結局まだ生きてるし、自殺を考えたくてしかたがないのに自殺したところでどうにもならないこともわかっているのに。自死だった場合、まわりの人はどう思うんだろう。可哀想って思うのかな。もっと他に選択肢あったのにって思うのかな。それとも気づいてすらくれないのかな。ずっと決めてることがあって、老衰以外での死を選んだりそうせざるを得ないことになってしまった場合、私は自らの死を大切な人にだけはぜったいに言いたくない。大切だった人にもぜったいに言いたくない。意地かなあって思うけど、たぶんそうかもしれないけど、大切だから、大切だったからこそ私とは違うところにいてほしいんだよ。意地なんだろうね。わかってるよ。


恋は雨上がりのように、という映画を見た。原作は半分くらいしか読んでなかったから結末知らなかったけど、ていうか原作最近完結したんだね。知らなかった。基本的に原作が漫画媒体である時、映画を見る前に原作を読んでいたい派だったけど、時間あるし、タイミングいいし、というなんとも気まぐれな理由で映画を見た。時間が悪かったのか、田舎だからなのか、まだ公開してすぐだから大きいスクリーンだったのに私ともう一人しかいなかった。流石にびっくりしてポップコーン落とすかと思った。まあ特にだからといってなんにもないんだけど。

ほんとは見るつもりなくて、ふとツイッターで回ってきた感想を読んで、少しだけ見たくなって、タイミングよくそのまま見ることになった。年上の男性と女子高生の恋愛の話って最近よくあるけど、いやずっと前からあるけど、その中でもこの作品はその問いに対して一番誠実な答え合わせのようなものだと思う、って感想に書いてた。仮に好き同士だったとしても、なぜ手を出しちゃいけないのか、っていうことに否定も反論もせずに答えを投げかけている、って書いてた。ちょっと気になっちゃったんだよね。エンドロールが終わって館内が明るくなって、ああなるほどなあ、って思った。なるほどなあって思った部分もあるし、いやちょっと違うのでは?と思った部分もあった。そもそものテーマが何かわからないけれど、恋愛を物語メインの置いているけど、主人公の店長に対する気持ちは別に恋ではなかったんじゃないかなあと思った。タイトルについて、なるほどなあって思うし、若干違う気もする。私の解釈の上で言うと、恋ではなく愛だったんじゃないかなあと思う。タイトルを愛に変えると語呂悪いけどね。

店長は、ほんとは何もしてないんだよ、主人公に対して。優しさはあったかもしれないけど、人生に関わるほどの優しさはなかったと思うんだよ。まあ初対面だしね。特別いいところがあったわけでもないし、まあ所謂冴えないおじさんだったけど、それでも心が死んじゃうぎりぎりのところにいた、限界が近かった主人公にその優しさが響いちゃったんだよね。偶然。ほんとうに偶然。命の恩人ではないけど、でもたしかにひとつの命を救ったんだよ。命の基になる心を救ったんだよ。運命なんていえばなんとなくかっこいいけど、ただただ偶然だった。でも限りなく奇跡に近い偶然だった。ぎりぎりだった心を救ってもらったという感覚が主人公にあったかどうかわかんないけど、自覚してたかわかんないけど、でもたしかに心があったかさを取り戻したことはわかったと思う。好きになんないわけがないんだよ。それが恋愛感情じゃなかったとしても、好きになっちゃうよ。だってあったかくしてくれたんだもん。主人公はそれを恋愛感情だと思ったけど、ほんとうに恋愛感情だったのかなあと思う。この辺どうでもいいかもしれないし自己解釈しかないのでほんとうに恋愛感情があった程で作者は書いてるかもしれないし、作品しか見てないのでなんとも言えないんだけど。でも私は、それは恋愛感情ではなかったと思うんだよね。ただ、限りなく恋愛感情に近い、恋愛感情じゃない愛だったと思う。ことばにしてしまうと好き、になってしまうからわかんなくなる。私だってわかんないなにも。でも好き、って思っちゃうよ、当たり前じゃん、なんでもない人の何気ない言葉とか行動が、あったかい涙が出るほど嬉しかったんだよ。それは好き、って感情だよ。そこはぜったいに間違いないと思う。年の差がすごいあっても、自分が未成年でも、相手が誰だったとしても、そこがもし店長じゃなかったとしても、なんでも、それでも好き、って感情がわいたと思う。だから恋愛感情だと思った。わかる。わかるんだけど、恋愛感情かと言われれば違うと思う。どちらかといえば、心の支え、とか、生きる糧、とか、そちらのほうが近いと思う。それで、そういうのは愛だと思う。私は。その愛が恋愛感情になることも勿論あるんだろうけど、主人公はそうではなかったのかな、って。愛といっても、恋愛感情じゃないほうの愛。何言ってんだってかんじだしぶっちゃけ私もなんて説明すればいいかわかんない。でも例えば、死にたくてどうしようもない夜にはじめて聞いた音楽とか、見つけられない価値とか意味を教えてくれた見知らぬ人の言葉とか、別にその人に対しての気持ちじゃなかったとしても、なんの関係もなかったとしても、そういうものがタイミングとか偶然とかで奇跡みたいに救ったりするんだよ。人だったり心だったり。そういうものに対する愛、っていうか、そういうものだと思う。主人公の場合その対象が人間だったから、店長だったから、偶然、恋愛感情に結びついたんじゃないかなあって。思うんだよ。もしかしたらほんとうに恋愛感情かもしれないけど、でもそういう意味での恋愛感情ではないのかな、って思った。私は。物語の最後までね。

店長の仕事先であるファミレスでバイトをはじめて、店長と接して、まわりにたくさん色々いわれて、それでもその気持ちにぶれはなかったと思う。でも最後まで愛だったと、そう思うよ。

最終的に主人公と店長が結ばれることはなくて、上に書いたように映画を見る前に見た感想云々のことは、たぶんツイッターで検索すればわかるので割愛するけど、おじさんと女子高生の恋愛がどうだとか、まあそういうのもほんとうになるほどなあって思ったし、私自身わかるなあって思ったけど、でもテーマとかそういうのでなく、この作品の中にたくさんあった感情は、恋ではなく愛だったと思うんだよ。生活においてたくさんの人と関わって、感化されたりしたりして、気づいてすらないかもしれない愛がたくさんあって、そんなきれいなものじゃないっていう人がいるかもしれないけど別にきれいとかそういうことを言いたい訳じゃなくて、ただまっすぐな愛だったと思うんだよ。偶然ね。主人公の店長への気持ちも、店長の、旧友である同級生への気持ちも、主人公と幼馴染である子の間にあった気持ちも、偶然だったとしてもなんだったとしても、その関係性があって日常の上で関わってそれで生まれたものは愛だと思う。優しさとか、そういうものがあったかどうかは別だよ。覚悟とかも特にないかもしれない。死ぬまで一緒にいるかどうかもわかんない。全部いまはわかんないだろうし、お互いにそんなこと思ってないかもしれないし、考えてみれば、って人生が終わるときに思うかどうかもわかんない、けど、なにもしてなくても、なにかをしようとしてなくても、そこに愛はあるよきっと。それで、その愛は関係性とかひとりの人間としてとか、そういうものの前に誰かに、何かに、感化されたりしたりして、そこから生まれると思う。そういうのがあったとして、それを煩わしいと思ったりするかもしれないけど、それでも確かに存在するんだよ。見えなくても。偶然、いつかは見えるようになるかもしれないし。そういうことを含めてのタイトルだったのかな、とか、そういう、長くなったけど、言葉にしたら思ってることとは違うかもしれないけど、まあそんなかんじ、ですね。はい。


長いね。長いかな。わかんないけど。好きな作品に面白かった!って言えないタイプの人間だからじゃあどうなの、結局感想としては、ってよく言われるけど、この映画の中の図書館のシーンで大泉洋が言ってた、本は人に一方的に勧められてももしそれがつまんなかったらその人にとって読書が苦痛になるかもしれないけど、けどきっとどこかに自分を呼んでる、探してる本があって、それを見つけることができたら、その本を見つけたタイミングが、その人にとってその本が必要になるタイミングだよ、みたいなことを言ってて、私が出会う作品全て、そうであったらいいなって思うよ。今回の映画も然り。本だけに限った話じゃないけど、音楽とか映画とか、他にも知らない人の言葉とか何気ない一言とかその日の天気とか、時間とか、その日偶々駅で見た広告とか、なんでも、そうなる可能性はゼロじゃないし、もし自覚できてなかったとしても、そういうものがあればいいなと思うよ。思います。貴方にもあったらいいね。

っていうお話でした。



最近、色々あった。ほんとに色々あった。死にたいって強く強く思ったのに、それなのに、ださいけど、まだ生きてる。それも私には必要だったかもしれない。必要だったと思えたらいいな、死ぬまでには。